5Gが日本で始まるのはいつから?アメリカではすでに開始、だけど・・・

はじめましてのひとも、お世話になっておりますのひともこんにちは!

本サイトの管理人、「たかみー」こと高見沢です。

高見沢

自他ともに認めるインターネットマニアですッ★

このサイトでは、WiMAXを中心に、そのほかのモバイルWiFiや光回線(固定回線)について紹介するとともに

インターネットをとりまくさまざまなニュースについても解説しています。

高見沢

最近のホットトピックといえば、次世代の通信規格である5Gだよネ〜

下の記事では、「そもそも5Gとはなんなのか」「4Gでもじゅうぶん早いのになぜ5Gが必要なのか」について解説してきました。

5Gとは?いつから始まる?期待が高まる新たな通信技術を解説!

ケンジ

とはいえ5Gってまだ開発段階なんですよね?いったいいつから始まるんですか?

高見沢

日本で5Gが始まるのは2020年と言われていたけど、最近は2019年の秋にはスタートするという説も濃厚ダネ。

とはいえ、世界ではすでに運用がスタートしているんだヨッ

ケンジ

えー!そうなんですか!?

というわけで本日は、世界に先駆けて5G通信の提供を開始したアメリカのモバイル環境について解説していきます!

アメリカVerizon社は18年10月1日から5Gを提供

実はすでに5Gの提供が始まっているアメリカ。

2018年10月1日から、Verizon(ベライゾン)というモバイル通信会社が、5G通信の一般向けサービスを世界で初めてスタートさせました。

Verizon – 世界初の5Gネットワークを開始

ヒント

ベライゾンは、アメリカ最大の携帯事業者です。

モバイル通信の加入者は1億1千万人以上を誇り、2017年にはアメリカのYahoo!を買収したことも大きなニュースになりました。

すでにスタートしているベライゾンの5Gですが、現在の4Gのように「スマホを持っていれば誰でも使える」というものではなく5Gの電波を受信できる専用ルーターを申し込む必要があり、

対応エリアは、サクラメント、ロサンゼルス、ヒューストン、インディアナポリスの一部地域に限られています。

そして、このベライゾン5G専用ルーターは家庭用となっていて、電源(コンセント)を必要とするので持ち運びはできません。

高見沢

携帯電話キャリアの回線だけど、モバイルWiFiではないってコトだネ!

ケンジ

固定回線の代わりってことですか?

高見沢

つまりはそういうことッ!ベライゾンとしてはモバイルだけでなく家庭用インターネット回線のシェアも取っていきたいという狙いがあるみたい★

 Verizonはサービス開始にあたり、ケーブルテレビ会社から顧客を引き抜くための特典を提供している。これは、最初の3カ月間の料金が無料となるもので、すべての機器とその設置作業の費用も含まれる。無料期間が過ぎると、対象となるプランに加入している既存のVerizon Wirelessユーザーは月額50ドル(約5700円)、それ以外の人は月額70ドル(約7980円)を支払う。さらに「Apple TV 4K」かGoogleの「Chromecast Ultra」を無料でもらえるほか、「YouTube TV」を3カ月間無料で視聴できる。

-CNET Japan

アメリカでは昔から、地上波でテレビを観るのではなく地元のケーブルテレビと契約して好きなテレビ番組を楽しんでいる家庭がほとんど。

その流れで、家庭用インターネット回線とケーブルテレビをセットで契約している家庭が多いんです。

そういう背景があるため、ベライゾンとしては、5Gを武器に家庭用インターネット回線のシェアを高めたいということのようです。

高見沢

とはいえ、なかなか難しいんじゃないかなーというのが個人的な感想だねッ

5Gと言っているけどドコモの4Gのほうが速い

ベライゾンの5Gに関して、気になるのがその速度です。

このサービスのネットワーク速度は、通常で300Mbps、最大940Mbpsだ。

-CNET Japan

実はこの速度、日本ではドコモの4Gが数年前に達成している速度なんです。

高見沢

5Gの定義がはっきり決まっていないという現状はあるものの、この速度で堂々と5Gということには違和感を感ざるを得ない・・・ッ

実際、すでに5Gを体験したユーザーからも不満の声が上がっているようで・・・

意訳:バカなベライゾン。ずっと速度遅いのに料金高すぎ。5Gだなんてウソでしょ。ベライゾンはきちんと説明するべき。もしくはお金を返してほしい。

意訳:まあ、ベライゾンはロサンゼルスで「偽の」5Gを販売していますよね・・・(後略

アメリカAT&T社は18年12月20日から5Gのモバイルルーターレンタルを開始

そんな中、ベライゾンに次ぐアメリカの大手通信会社AT&Tは、12月21日からアメリカ12都市で5Gネットワークの提供を開始しました。

AT&T First to Make Mobile 5G Service Live in the U.S. on Dec. 21

こちらはまだ一般向けのスタートではなく、一部の企業や個人に専用ルーターを無償で提供するというテスト的な段階。

選ばれたユーザーは3ヵ月間無料で5Gを試すことができる、とリリースされています。

AT&Tいわく、この5G回線を使えば理論上は1.2Gbpsの速度が出るとしていますが、実際の速度はまだ不明。

高見沢

auが5Gの実証実験で3Gbps以上出してることを思うと、理論値で1.2Gbpsってかなり微妙じゃんって思っちゃう・・・

▲auの5G実証実験速度では3.77Gbpsを達成!!

一般向けの販売は2019年春を予定

この5G専用モバイルルータは、2019年に499ドルで販売することが決まっています。

月額料金は、5G専用のデータプランが15GBで70ドルになる見込み。

ちなみに現状広く使われている4Gのデータプランは10GBで50ドルです。

ケンジ

15GBで約8000円かあ・・・

高見沢

ハッキリ言って高いッ!

どちらも「ルーター」なのは、5G対応のスマホがまだないから

ケンジ

ベライゾンもAT&Tも、5Gに対応しているのはルーターだけなんですね。スマホでは使えないんですか?

高見沢

実はまだ5Gの電波を受信できるスマホが世の中にないんだよネ〜

4Gと5Gでは電波の種類が違うため、いま使っているスマホで5Gの電波を受信することはできません。

モバイルルーターも同じことで、5Gに対応しているルーターでなければ5Gの電波を受信できません。

ただし、5Gに対応しているルーターで5Gの電波を受信し、それをWiFiの電波として発信すれば、いま使っているスマホやパソコンで受信できるので

現在使っているデバイスのまま高速インターネットを楽しめるというわけです。

2019年に5G対応スマホが発売されるとの情報も

とはいえ、もちろん5Gに対応したスマホの開発も進められていて、2019年前半には、サムスンから5G対応のスマートフォンが発売されるようです。

Inside Samsung’s Bid to Challenge Apple With 5G, Folding Phones – Bloomberg

高見沢

まだまだ情報は少ないけど、2019年には5Gを取り巻く状況が大きく動くことは確かだよッ!日本での展開にも期待大★

最後に

アメリカではすでに始まっている次世代通信規格の5Gネットワーク。

とはいえ、その実情は「すごいぜ次世代!」というにはほど遠い・・・というのが正直な感想ですし、アメリカ国内でも、キャリア側とユーザー側には温度差があるように思います。

日本においても、大手3キャリアが粛々と研究&実験を進めていますが、実際に世の中に出るときにはどの程度のものになるのか、その完成度の高さが気になります。

高見沢

4Gを見ても日本の速度は世界でダントツだから否が応でも期待が高まるッ

ケンジ

速くても価格が高いのは嫌ですけどねー・・・

引き続き、WiMAXMANIAXでは5G関連のニュースをチェックしていきます。

続報があり次第お伝えしてきますね!