今契約するならコレ!IT会社社長が厳選したモバイルWiFiルーター3選

こんにちは★ネット回線に夢中な「たかみー」こと高見沢です。

ボクはネット回線すべてに夢中なのですが、モバイルWiFiルーターに関してはオタクレベルで5回線も契約しています。

ケンジ

なんでモバイルWiFiルーターを5回線も契約しているんですか?

高見沢

すごいモバイルWiFiルーターが出ると試さずにはいられないんダヨネ。

個人的にネット回線オタクということもありますが、IT会社の社長もしているのでつい使命感にかられてしまうんです。

あい

まずは自分で試してみるんですね!

この記事ではボクが色々試したモバイルWiFiルーターの中で、もっともおすすめな3つをランキング形式で紹介します。

ケンジ

たかみーさんが実際に試した結果のおすすめだったら、信用ありますね!でも、僕はモバイルWiFiといえば、WiMAXしか思い浮かびません。

あい

私はポケットWiFiしか知らないな…。

高見沢

有名なのはその2つだけど、実はモバイルWiFiにはもっとたくさんのサービスがあるんダヨ。

有名なモバイルWiFiだけに限らず、良いと思ったモバイルWiFiはすべて試しています。

その中からベストの中のベストを紹介していきます。

高見沢

おすすめする理由やモバイルWiFi選びのポイントも解説するヨ★

この記事を読むだけで、失敗なくモバイルWiFiを選ぶ知識が身につきます。

あい

ITとかモバイルWiFiとかよく分からなくて苦手なんですが、私でも理解できますか?

高見沢

できるだけ専門用語は使わずに、わかりやすく解説するから安心シテ〜★

あい

おねがいします!

ネット回線オタクが太鼓判を押すモバイルWiFiルーターベスト3

まずは、ネット回線を知り尽くしたボクが、自信を持ってオススメするモバイルWiFiルーターを発表します。

高見沢

その後におすすめポイントやどのような人におすすめなのかなどの詳細を説明していくヨ★

ボクが厳選したモバイルWiFiルーターのベスト3はこちらです!

おすすめ順位 ブランド名 特徴 回線種別
1位 どんなときもWiFi どこでもつながり「完全」無制限。最強のWiFiルーター LTE
2位 BroadWiMAX サポートが充実している大手WiMAXプロバイダ WiMAX
3位 NEXTmobile 激安。ソフトバンクのLTE回線で全国ほぼどこでも使える LTE

おすすめ第1位は、「どんなときもWiFi」。

日本中どこでもつながり、「完全」無制限でデータを使用できるという夢のようなモバイルWiFiルーターです。

最初から核心にせまりますが…

現時点では「どんなときもWiFi」を超えるモバイルWiFiルーターはありません

高見沢

ほとんど全員におすすめな最強モバイルWiFiルーターダヨ。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもWiFiのおかげで「何も考えずに」動画や音楽を1日中つけっぱなしにできるので、本当に助かっています。

おすすめ第2位は、「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」。

大手WiMAXプロバイダです。キャッシュバック制ではないためリスクがなく、月額料金は業界最安レベルなので、確実に安く使用できます。

BroadWiMAX公式サイト

https://wimax-broad.jp/

高見沢

ボクが契約している5回線のうち2回線は、ブロードワイマックスダヨ。

おすすめ第3位は、「NEXTmobile(ネクストモバイル)」。

WiMAX回線ではなく、LTE回線(SoftBank)を使用したモバイルWiFiルーター。大容量のデータを格安で使用できます。

ソフトバンクのLTE回線なのでエリアは広く、日本中どこでもだいたいつながるのがポイントです。

ネクストモバイル公式サイト
▶ https://next-mobile.jp

高見沢

ボクが使っているモバイルWiFiルーターのうちの1回線はネクストモバイルダヨ。

この3つの中から使用方法や好みに合わせて、自分にぴったりのモバイルWiFiルーターを選ぶというのがおすすめの方法です。

ケンジ

どれが自分にぴったりのモバイルWiFiルーターか知りたいです!

高見沢

おーけー★じゃあ、ひとつずつ特徴を説明していくヨ。まずは、第一位で最強の「どんなときもWiFi」からはじめましょ〜。

おすすめ第1位 どんなときもWiFi

おすすめ第1位はただの1位ではなく、「ダントツ」の1位です。

高見沢

今契約中のモバイルWiFiから全部「どんなときもWiFi」に乗り換えようと思ってるくらいダヨ。

「どんなときもWiFi」がすごすぎるので、第2位と第3位を紹介する意味がなくなってしまうという噂も…

好みもあるのでおすすめ第3位までは紹介します。でも、下記の特徴を見ただけでも「ダントツ具合」が分かってしまうと思います。

  • 全国ほぼどこでもつながる
  • 「完全」無制限データ使い放題
  • 回線速度が速い
  • 月額料金が安い
  • 手続なしで海外でそのまま使用できる

あい

こんなモバイルWiFi見たことないですー。

ケンジ

え、もうこれでいいような気になってきました。

たしかに、これらの特徴はおすすめ2位と3位のメリットを全部集めて良いとこどりしたようなサービスなんです。

今まではすべてを兼ね備えたモバイルWiFiがなかったので、下記のような基準でおすすめしていました。

  • データ無制限重視 → WiMAX(ワイマックス)
  • つながりやすさ重視 → NEXTmobile(ネクストモバイル)

でも、「どんなときもWiFi」が出てきたことによって、そんな基準なんて必要なくなったのです。

高見沢

だって「どんなときもWiFi」は、どっちも兼ね備えてるんダモン。

日本全国どこでもつながりやすくてデータも無制限なので、どちらかを選んでどちらかを妥協するという必要がなくなりました。

それに加えて料金も安いので、「どんなときもWiFi」以外をおすすめする理由が見当たらないという状況なのです。

それでは、「どんなときもWiFi」のすごさについて解説していきます。

全国ほぼどこでもつながる

「どんなときもWiFi」が革新的な理由のひとつが「全国ほぼどこでもつながる」ということです。

三大キャリアのLTE回線であればどれでも「全国ほぼどこでもつながる」と思いますが、やはりエリアで多少の得意不得意があります。

高見沢

でも「どんなときもWiFi」はそのデメリットさえもないヨ。

なぜなら、「どんなときもWiFi」は三大キャリアすべての回線を使用できるからです!

しかも、docomo、SoftBank、auの3つの回線からそのときその場所で1番最適な回線を自動で選んで接続してくれるというすごさ。

高見沢

それを実現しれくれるのが「クラウドSIM」というものダヨ★

クラウドSIMは、いわゆるプラスチックカードのSIMとは違って、カード自体がありません。

ネット上のバーチャルSIMで、そのときの状況に合わせてSIMを選択することができるというシステムです。

三大キャリアすべてが使用できるため、日本一エリアが広いモバイルWiFiルーターと言っても言い過ぎではありません。

高見沢

ただボクが使った感じでは、どうもSoftBankの回線が優先的に使用されているみたいダヨ。

SoftBank回線が基本で、つながりにくい場所ではdocomoやauの回線が使用されているようです。

LTE回線以外はWiMAX回線がありますが、都心部以外ではつながりにくかったり、障害物や地下に弱かったりというデメリットがあります。

高見沢

WiMAXはつながりやすさでは、LTE回線には全くかなわないネ。

「完全」無制限データ使い放題

データ無制限使い放題のモバイルWiFiなんて、他にたくさんあるでしょ?って思いましたか?

高見沢

「どんなときもWiFi」が他と違うところは「完全」無制限ってとこダヨ★

あい

「完全」って意味がわかりません。

ケンジ

無制限っていったら、完全に使い放題のことじゃないないんですか?

「無制限」といえば、「完全」に使い放題と思うのが普通だと思いますが、実際は他のモバイルWiFiは「完全」に無制限ではないのです。

高見沢

他のモバイルWiFiは「ほぼ」無制限ダヨ。

例えば、データ無制限で有名なWiMAXを使用しているブロードワイマックスを例にみてみましょう。

データ無制限と打ち出していますが、実際は下記のような制限が存在します。

  • 3日で10GB制限
  • ハイスピードプラスエリアモードは7GBまでの制限

まず、3日で10GB制限は、文字通り3日間のうちに10GB以上使用すると次の日の回線混雑時間に速度制限がかけられるというものです。

高見沢

10GBを超えると1Mbpsに回線速度が制限されるヨ。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX回線にオプションでつけるもので、LTE回線が使用できるモードです。

WiMAXは場所によってはかなりつながりにくいので、LTE回線を使用する機会が多くあると思いますが、7GBという制限があります。

7GBを超えるとLTE回線だけではなく、WiMAX2 回線にまで速度制限がかかるのです。

ケンジ

WiMAX2+回線まで速度制限がかかることは、知らない人が結構いるんじゃないですか?

高見沢

そうダネ。しかも、この速度制限では回線速度が128Kbpsになるから、ほぼ使いものにならなくなるんダヨ。

こういうわけで、他の多くのモバイルWiFiルーターは「完全」に無制限ではなく、「ほぼ」無制限なんです。

これを打ち破ってきたのが「どんなときもWiFi」です。

まず、3日で10GBの速度制限はありませんし、そもそも使用している回線がLTE回線のみで使用上限もありません。

高見沢

1ヶ月間どれだけ使っても定額で、速度制限もないんダヨ。

そう言われても疑いの気持ちが少しあったので、実際自分で使い放題状態を作ってみました。

高見沢

1日中NETFLIXで動画を流しっぱなしにしてみたヨ★

動画が止まったりすることもなく、スムーズに流れ続けてストレスなしという結果。

結局1日で6GBもの大量データを使用していたのですが、まったく速度制限がかかることはありませんでした。

今までも「民泊WiFi」のように「完全無制限」を打ち出しているものはありました。

しかし、それも結局は100GBなどの上限があって制限がかけられている状況でした。

高見沢

しかも、「回線速度が遅い」、「料金が高い」、「怪しい」などデメリットだらけなんダヨネ。

「どんなときもWiFi」という名前は聞きなれず怪しく感じるかもしれませんが、運営会社は実績があるので安心して使用できます。

回線速度が速い

ここまでで紹介したきた下記の2点を満たすモバイルWiFiルーターは、格安SIMブランドから出ています。

  • 完全無制限
  • どこでもつながる

高見沢

でも、どれも回線速度が遅すぎるという欠点があるヨ。

いくら無制限といっても回線速度が遅かったら、そもそもデータを消費しようにも消費できません。

それに動画は頻繁に固まったり止まったりして、全く快適に観ることができないという状態です。

これにくらべて「どんなときもWiFi」は快適に使用できるスピードが出ます。

高見沢

いつも20〜45Mbpsは出てるヨ。

他のモバイルWiFiは最高速度が「ギガ超え」のものもあるので数値の見た目で遅く感じるかもしれませんが、実際はかなり速いです。

しかも、ギガ超えと言っても日常的には「どんなときもWiFi」よりも低速なことがあります。

「どんなときもWiFi」はいつも安定して20〜45Mbpsという高速回線を使用できるため快適なのです。

高見沢

このくらい高速だったら、NETFLIXやアマゾンのプライムビデオも問題なく観れるヨ。

月額料金が安い

「民泊WiFi」のように完全無制限で、どこでもつながるモバイルWiFiルーターはあります。

でも、月額料金が高いんです!

高見沢

ボクが以前使用していた「FUJI WiFi」は無制限プランで月額6,480円ダヨ。

ケンジ

高い!

あい

スマホ代もあるのに、そんな高いポケットWiFiは無理です。

高見沢

そうダヨネ。でも今は「どんなときもWiFi」があるから大丈夫★

その気になる月額料金は….

3,480円です!

ケンジ

「民泊WiFi」の半額に近いじゃないですか!

高見沢

そう、しかも一般的なWiMAXの月額料金よりも安いんダヨ。

あい

これくらいだったら、私でも支払えそうです。

手続なしで海外でそのまま使用できる

高見沢

最近では旅行や出張で海外に行く人が増えたヨネ。

海外でも快適にネット回線を使用したいと誰もが考えると思いますが、モバイルWiFiルーターを借りるのはちょっと面倒です。

事前申込または空港でレンタル契約をし、帰ってきたらまた空港のカウンターに行くか郵送のためにポストまで足を運ぶ必要があります。

さらにレンタルした端末と日本国内で使っている端末を2台もっていくことになるので荷物も増えます。

「どんなときもWiFi」であれば、これらの問題がありません。なぜなら、端末をそのまま海外で使用できるからです。

「クラウドSIM」というシステムはその場に合わせて最適なSIMを選んでくれるので、海外に持って行っても同じように使用できるのです。

高見沢

事前手続きさえ必要なくて、本当にただ持っていくだけで使えるヨ。

国によって料金は1,280円と1,880円という2種類に分かれていて、かなりの数の国で使用できます。

高見沢

一般的な出張や人気の旅行先だったら、ほとんどカバーされているんじゃないカナ。

また、料金は定額なので無限にデータ料金が加算されてしまうということもなく安心です。

海外用のレンタルWiFiは1日500MBというところも多いですが、「どんなときもWiFi」は1GBも使用できます。

このように「どんなときもWiFi」は「メリットだらけ」のモバイルWiFiルーターなのです。

これから2位以下の紹介をしていくのにアレですが、「どんなときもWiFi」を超えるモバイルWiFiルーターは現時点でありません!

「どんなときもWiFi」について詳しく解説している記事もあるので、興味があればのぞいてみてください。

もう迷わない!モバイルWiFiルーターはどんなときもWiFi(どんファイ)一択

どんなときもWiFi公式ページ

https://donnatokimo-wifi.jp

おすすめ第2位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

おすすめの第2位はBroad WiMAXです。

高見沢

データをほぼ無制限で使用できるので、ボクも2回線契約してるヨ。

もしあなたが都心部に住んでいて、自宅のネット回線をモバイルWiFiルーターに変えようと思っているならばWiMAXも良いと思います。

WiMAXも良いのですが、おすすめ第1位の「どんなときもWiFi」と比べてしまうと…

高見沢

圧倒的に「どんなときもWiFi」がおすすめなんダヨネ。

ブロードワイマックスはWiMAXの中では下記のようなメリットをもつ、業界大手のプロバイダです。

  • 月額料金は最安レベル
  • キャッシュバックではなく月額割引で安心
  • 最新端末を含めすべて端末代金タダ
  • サポートが充実している

あい

ところで、プロバイダってなんですか?

高見沢

プロバイダは簡単に言えば、WiMAXの販売代理店のようなものダヨ。

この中でもとくに「キャッシュバックではなく月額割引」というのは、嬉しいポイントです。

多くのWiMAXプロバイダは「キャッシュバックキャンペーン」を行なっていますが、リスクがつきまといます。

ケンジ

キャッシュバックを受け取るのにリスクがあるんですか?

高見沢

そう、キャッシュバックを受け取り忘れる人が結構いるんダヨ。実際ボクも忘れちゃったこと1回あるしネ。

ブロードワイマックスは「月額割引キャンペーン」を採用しているので、面倒なキャッシュバックの手続きが必要ありません。

あい

月ごとの割引だったら、リスクゼロで何も考えなくて良いですね。

キャッシュバックではなく月額割引で安心

WiMAXのキャンペーンにはざっくり分けて下記の2つがあります。

  • キャッシュバック
  • 月額料金の値引き

うまくいけばどちらを選んでも総額のコストを抑えられますが、キャッシュバックの場合、受け取り失敗する可能性もあります。

キャッシュバックの受け取りを失敗すると大損する

「キャッシュバックキャンペーン」を行なっている WiMAXのプロバイダはいくつかあります。

キャッシュバックの種類にはアマゾンギフト券などもありますが、1番リスクが高いのは現金のキャッシュバックです。

なぜリスクが高いかというと、

  • 受け取りがだいたい1年後
  • 受け取り方法が複雑

というように、受け取りを忘れてしまう要素が満載だからです。

キャッシュバックの額が数万円と高額なこともありますが、そういう場合はだいたい月額料金も高額に設定されています。

高見沢

だから、受け取り忘れるとただの月額料金が高いモバイルWiFiになってしまうんダヨ。

キャッシュバックを受け取り忘れたからといって、もちろんタダで解約できるわけではありません。

高見沢

更新月以外での解約は契約解除料(解約金)がかかるヨ。

キャッシュバックを確実に受け取るには、自分で細心の注意を払うしかありません。

受け取り方法のお知らせは、契約時に作ったプロバイダのメールアドレスに約1年後に送られてきます。

そのメールを確実に受信し、開封して読み、期限内に返信するという3点がひとつでもできなければ受取は失敗に終わってしまいます。

そのため、

  • メールが迷惑メールフォルダに入らないように登録する
  • 契約から11ヶ月半をすぎた頃にアラームがなるように設定しておく
  • 見落とさないようにこまめにメールをチェックする
  • メールを確認したらその場ですぐに返信する

これくらいの努力をしない限り、受け取り失敗のリスクは避けられません。

高見沢

これだけしてもリスクはゼロではないしネ。

しかも、パソコンが苦手な人はメールの受信設定や日付指定のアラームの設定は難しく感じることもあると思います。

ケンジ

メールがいつくるか分からないというのも、そわそわして落ち着かないですね。

高見沢

そう、さらに面倒なのはそのメールが宣伝メールに紛れて送られてくることなんダヨ。

宣伝メールに紛れて送られてくるので、開かずにスルーしたり、削除したりする可能性がますます高くなっているのです。

あい

これはちょっと意地悪じゃないですか…?わざと?

高見沢

うーん、少なくとも契約者に親切なやり方ではないヨネ。

キャッシュバックの受け取りを失敗する人は全体の30%いると言われています。

30,000円のキャッシュバックだとしても、プロバイダは実質21,000円分のキャッシュバックしかしていないようなものです。

その差額は受け取り失敗した人が負担しているという構図です。

ケンジ

そういう仕組みで高額なキャッシュバックが実現しているとも言えるんですね…。

一方、ブロードワイマックスは「月額割引キャンペーン」型なので、説明したような面倒でリスクのある手続きは一切必要ありません

リスクなし!ブロードワイマックスの月額料金割引

キャッシュバックは約1年にも渡って、受け取り失敗のリスクがつきまといます。

高見沢

それにくらべて月額料金割引はとってもシンプルダヨ★

月額料金から値引きされるので特別な手続きをしたり、現金が戻ってくるまで待ち続けたりする必要がありません。

ただし、ひとつだけやるべきことがあります。

高見沢

それは、「加入必須オプション」を解除することダヨ。

ブロードワイマックスは契約時に下記の2つのオプションに加入しなければいけません。

  • 安心サポートプラス
  • My Broadサポート

この条件を満たさないと初期費用がかかってしまいおトクではなくなってしまうので、忘れずに加入しましょう。

オプションへの加入は必須ですが、契約期間中ずっと加入している必要はなく、初月に解約しても大丈夫です。

必要もないオプション料金を払い続けるのは「ただの損」なので、確実に解約することが重要です。

高見沢

オプション解除の操作は簡単だから、忘れないうちにすぐにやっておくとイイヨ。

月額料金は最安レベル

WiMAXのプロバイダはすべて、UQ WiMAXの回線を使用してサービスを提供しています。

そして「月額料金がいくら」という決まりはないので、それぞれのプロバイダが自由に料金を設定しています。

高見沢

キャンペーン、月額割引、利用料など全部自由ダヨ。

自由といってもUQ WiMAXから回線を提供してもらっている以上、1社だけ大幅に安くすることは不可能です。

高見沢

反対に高い値段では誰も契約しないヨネ。

そのため、各プロバイダは競合他社の値段設定を調査しつつ、少しでも利益が出る価格を狙っているという状況です。

料金が自由に設定できる以上、「月額料金割引」の割引額だけでどこのプロバイダが良いか判断することはできません。

高い月額料金にするほど、割引額も高額に設定できますが、結局割引後の値段はたいして安くないということもあるということです。

ケンジ

月額割引後の価格で比較しないと意味ないということですね。

高見沢

そのとおり。キャッシュバックも同じで、キャッシュバックも含めた契約期間の総額または月の平均金額で比較しないと本当の比較ができないヨ。

ここではブロードワイマックスとカシモWiMAXを「契約期間の月平均金額」で比較してみます。

まずは、それぞれの契約月ごとの月額料金の変遷をみてみましょう。

こちらはブロードワイマックスの月額料金。

契約月数 月額料金
1-2ヶ月目 2,726円
3-24ヶ月目 3,411円
25-36ヶ月目 4,011円

そして、こちらが「カシモWiMAX」の「新端末プラン」の月額料金です。

契約月数 月額料金
1ヶ月目 1,380円
3-24ヶ月目 3,580円
25-36ヶ月目 4,079円

あい

月によってあっちが安かったりこっちが安かったりして結局どちらが安いのか分かりません!

高見沢

そう、この表をぱっと見るだけでは比較は難しいヨ。

ケンジ

そのため、契約期間の平均月額料金の計算が必要なんですね。

高見沢

3年という契約期間全体の総額を計算したあと、36ヶ月で総額を割ると平均月額料金が分かるヨ。

それでは、代表的なWiMAXプロバイダの平均月額料金一覧をどうぞ。

プロバイダ 月額料金
novas WiMAXW05限定 ¥3,198
とくとくBB月額割引 ¥3,407
BroadWiMAX ¥3,573
BIGLOBE3年月額割引 ¥3,620
So-net ¥3,620
カシモWiMAX3年最安級 ¥3,621
DTI WiMAX ¥3,623
CloudMobile ¥3,642
JPWiMAX ¥3,642

わ〜、分かりやすいですね!

最安値は「novasWiMAX」ですが、端末は古いものだけしか取り扱っていません。

高見沢

在庫を一掃するためのセールというかんじダネ。

次に安いのは「とくとくBB」です。

ケンジ

なんで2番目に安い「とくとくBB」よりも、ブロードワイマックスがおすすめなんですか?

高見沢

ブロードワイマックスのサポート系サービスの充実度が圧倒的だからダヨ。

両プロバイダの金額差はたった150円強。それならば、サポートがとても充実しているブロードワイマックスのほうがおすすめです。

最新端末を含めすべて端末代金タダ

WiMAXは契約するプロバイダによって選べる端末や料金が変わってきます。

プロバイダによっては、「最新端末がラインナップに入っていない」「端末によって価格が変わる」ということもあります。

しかしブロードワイマックスと契約すると最新端末を含むどの端末を選んでも端末代は0円です。

端末は本家のUQ WiMAXから仕入れているので在庫もたっぷりとあります。

ケンジ

プロバイダによっては、ほぼ全種類在庫切れとかありますよね。

高見沢

端末を新古や中古で仕入れているプロバイダは、在庫が安定しないヨネ。

ブロードワイマックスは大手プロバイダなので、端末の在庫がないということもほぼなく安心感があります。

サポートが充実している

ブロードワイマックスをボクがおすすめする大きな理由が「サポートが充実している」ということです。

例えば代表的なものに「いつでも解約サポート」というサービスがあります。

もしWiMAXに不満があって解約したい場合に、「違約金なし」で光回線などに乗り換えをすることができるというものです。

高見沢

契約期間は3年もあるから、転勤や結婚で状況が変わることもあるヨネ。

もし新居がWiMAXのエリア内でなければ全く使用することが出来ず、解約できなければ月額料金だけを払い続けることになります。

ケンジ

解約すると解約金がかかるし、逃げ場がないですね。

こんな状況を心配しなくても済むのが、この「いつでも解約サポート」なんです。

サービスについて詳しく解説してある動画はこちらです。

WiMAXが万が一つながらなくても、同じブロードワイマックス系列の会社が提供している光回線に乗り換えることができます。

あい

無駄な解約金が必要なく、無駄なネット回線を契約したままにしておく必要もないので助かりますね。

BroadWiMAX公式サイト

https://wimax-broad.jp/

Broad wimax

おすすめ第3位 NEXTmobile(ネクストモバイル)

おすすめ第3位は、ネクストモバイルです。

ネクストモバイルはSoftBankのLTE回線を使用しているため、つながりやすいという大きなメリットがあります。

WiMAXは「安くてデータほぼ無制限」というメリットがある一方、「エリアが狭くて障害物に弱い」というデメリットがあります。

反対にネクストモバイルは「どこでもつながる」が、「データ無制限ではなく、多少高い」という特徴があります。

ケンジ

正反対の特徴を持っているんですね。

WiMAXとネクストモバイルの特徴をまとめて比較した表をみてみましょう。

BroadWiMAX NEXTmobile
データ量 無制限 20GB、30GB、50GB
エリア 狭め・障害物に弱い 全国ほぼどこでも使える
速度 速い 速い
料金 平均3,573円 一律2,760円、一律3,490円、平均4,185円

それぞれの最大の特徴は、

  • WiMAXはデータ無制限
  • ネクストモバイルはつながりやすい

と言えます。

そのため、おすすめは以下のようになります。

  • 自宅に光回線がない→WiMAX
  • 自宅に光回線あり・スマホ代節約したい→ネクストモバイル

自宅に光回線がないということは自宅でも外出先でもモバイルWiFiを使うため、大量にデータを消費します。

ケンジ

データ無制限じゃなかったら、大変なことになりそうですね。

高見沢

WiMAXはデータ無制限だから安心して使えるヨ。

一方、自宅にネット回線があるけど、外でもそこそこ使う、スマホ代も節約したいという場合はネクストモバイルが断然おすすめです。

高見沢

外出先で使用するだけだったら、月に20GBもあれば十分じゃないカナ。

あい

ネクストモバイルの月20GBプランだったら、WiMAXより安いですね!

ソフトバンク回線は全国どこでもほぼつながる

ネクストモバイルの特徴といえば、どこでもつながりやすいソフトバンクのLTE回線を使用していることです。

高見沢

つながりやすいというネクストモバイルの強みはWiMAXの最大の弱みダヨ。

LTE回線を使用したモバイルWiFiルーターは他にもありますが、「データ量が少ないわりに高い」という特徴があります。

しかしネクストモバイルは、「大容量(最大50GB)なのに安い」という太っ腹な価格設定なのです。

高見沢

ビジネスに利用するなら WiMAXよりネクストモバイルの方がおすすめダヨ。

ネクストモバイルは最新端末を使えて、さらにどこでもつながるLTE回線使用で安心だからです。

ボクは自宅にもオフィスにもNURO光を引いていて、外出用にはネクストモバイルを使用しています。

出張が多いので全国どこでもつながるというのは、ボクにとって重要なポイントなんです。

高見沢

地下でも建物の中でもつながりやすいので安心なんダヨ。

ケンジ

ところで、WiMAXを2回線契約していませんでしたっけ?

高見沢

それは、会社のスタッフが使用しているヨ。

ということでおすすめをおさらいすると、

  • 自宅のネット回線兼だったら「WiMAX」
  • 自宅に光回線があれば「ネクストモバイル」

ということになります。

公式サイトはこちらです。

ネクストモバイル公式サイト
▶ https://next-mobile.jp

 

 

 

 

 

 

 

モバイルWiFiルーターは何を基準に選ぶ?

ここまではボクのおすすめの3つのモバイルWiFiルーターを、ランキング形式で紹介しました。

おさらいすると、

おすすめ第1位 どんなときもWiFi
おすすめ第2位 ブロードワイマックス
おすすめ第3位 ネクストモバイル

という結果になりました。

ケンジ

たかみーさんのおすすめなので信用はしてますが、どうやってこの3つを選んだのか「理由」や「基準」が気になります。

高見沢

じゃあ、ここからはその「理由」や「基準」について説明していくネ。

エリア(つながりやすさ)

エリア(つながりやすさ)は WiMAX回線のデメリットであり、LTE回線のメリットです。

あい

正反対の特徴ですね。

それぞれの特徴についてまとめた表を作ってみました。

WiMAX LTE回線
エリア 狭い 全国ほぼどこでもつながる
障害物 弱い 強い(回り込んで届く)
地下街・地下鉄 弱い ほぼどこでもつながる

ケンジ

LTE回線の圧勝ですね。

エリアだけみれば、WiMAXよりLTE回線のほうが断然良いということになります。

しかし「ネクストモバイル」は、データ容量が決まっているというデメリットもあります。

「つながりやすさ」と「データ無制限」という WiMAXとネクストモバイルの良いところを両方備えたものが「どんなときもWiFi」です。

WiMAXの電波はなぜつながりにくい?

WiMAXとLTE回線が使用している電波は下記のとおりです。

  • WiMAX……2.5Ghz帯
  • LTE回線(4G)……800Mhz帯

高見沢

WiMAXの電波は「高周波」、LTE回線は「低周波」ダヨ。

ちょっと話はそれますが、次世代の電波である「5G」はWiMAXよりさらに高周波の電波でWiMAXよりもつながりにくい電波なんです。

複雑な説明は省きますが、とにかくLTE回線よりもWiMAX回線の方がつながりにくい特性を持っているということです。

また、エリアの狭い広いはアンテナの数によります。

WiMAXの運営会社である「UQコミュニケーションズ」はau系列の会社です。

大企業ではありますが、三代キャリア(docomo、SoftBank、au)と比べると規模は小さくなります。

そのため、用意できるアンテナの数にも限界があるというわけなんです。

高見沢

WiMAXは都心部を中心にアンテナを設置しているから、都会がつながりやすくなっているんダヨ。

ケンジ

反対に郊外エリアにはアンテナをあまり設置してないから、つながらないところがたくさんあるんですね。

さらにWiMAX回線は、「障害物に弱い」という特徴もあります。下記の図のようなイメージです。

WiMAXのように高周波の電波はまっすぐ進む性質があるため、建物などの障害物にぶつかってしまいその先には届かなくなります。

そしてLTE回線のイメージ図はこのようになります。

LTE回線のような低周波の電波は障害物を回り込んで進む性質があるので、遠くまで電波が届きやすいのです。

高見沢

モバイルWiFiルーターを選ぶときに電波の性質まで考えれば、より正確な判断ができるヨ。

ケンジ

たしかに、自分の環境に合ったモバイルWiFiを正しく選ぶことができますよね。

WiMAXを契約しようと思っている人は、まずはエリアマップを確認してみましょう。

高見沢

特に郊外に住んでいる人は必ずチェックしてネ。

エリアの確認ページはこちらです。

WiMAXエリア確認ページ

データ量

次はデータ量についてです。

モバイルWiFiルーターのデータ量はざっくり分けると3種類です。

  • 「完全」無制限使い放題……「どんなときもWiFi」など
  • 「ほぼ」無制限使い放題……WiMAXなど
  • データ容量上限などの制限あり……ネクストモバイルなど

ちなみにボクのWiMAXデータ使用量最高記録はひと月で171GBです。

証拠がこちら。

ケンジ

たかみーさん、171GBも使用したということは速度制限にもくじけなかったということですね。

「どんなときもWiFi」は特に一人暮らしの人におすすめ

「どんなときもWiFi」はほぼ全員におすすめできるモバイルWiFiルーターです。

その中でも一人暮らしで自宅に光回線などのネット回線を引いていない人であれば、間違いなく「どんなときもWiFi」一択です。

高見沢

家族がいなければ、自宅・外出先・オフィスまで「どんなときもWiFi」1台で十分まかなえるヨ★

「完全」無制限なので、NETFLIXなどの動画を頻繁に観たって全く問題ありません。

たとえルームメイトや彼氏/彼女と一緒に住んでいても、やっぱりおすすめは「どんなときもWiFi」。

高見沢

この場合は、1人1台持つのがおすすめダヨ。

「どんなときもWiFi」は持ち歩けるので、外出時にスマホのデータ料金を節約することができるからです。

ケンジ

「どんなときもWiFi」があれば、スマホのデータプランは1番安いので良いですね。

高見沢

そうなんダヨ。本当はスマホのデータプランは要らないくらいだけど、ゼロにはできないから1番安いのを選ぶってことダネ。

あい

それだったら、全部で月5,000円以内に収まりそうです!

自宅にネットがあってもやっぱり「どんなときもWiFi」がおすすめ

「どんなときもWiFi」は「特に」一人暮らしの人や自宅にネット回線がない人におすすめと紹介しました。

しかし自宅にネット回線がなくても、やっぱりおすすめナンバーワンは「どんなときもWiFi」です。

高見沢

「どんなときもWiFi」があれば、スマホのプランを契約しないという選択もできるヨ★

スマホやタブレットなどの端末があればLINEで無料通話ができますし、電話番号が必要であれば無料で取得できる時代です。

LINEを持っていない人や固定電話へも、Skype(スカイプ)などを使用すると格安で通話を行うことができます。

高見沢

海外への発信も国内通話程度の価格でできるヨ。

つまり契約なしのスマホ端末を「どんなときもWiFi」につなぐだけで、データ無制限で通話もできる環境が出来上がるというわけです。

ケンジ

ということは、「どんなときもWiFi」だったら、スマホ+モバイルWiFiルーター合計で月額たった3,480円にできるんですね!

高見沢

そう、さらに追加でiPadなどのタブレット端末やパソコンに接続したとしても、データ無制限だから月額は3,480円ダヨ。

あい

「どんなときもWiFi」最高ですね!

次は月額料金について詳しくみていきましょう。

月額料金

WiMAXを提供しているプロバイダはすべて「UQ WiMAX」の回線を使用してサービスを提供しています。

高見沢

どのプロバイダもUQに回線の使用料を支払ってるんダヨ。

使用料(卸値)は決まっていますが、実際にいくらでサービスを提供するかは、各プロバイダが自由に決めて良いという形です。

そのため各社がそれぞれ魅力的なプランやキャンペーンを打ち出して、顧客獲得競争をしているのです。

WiMAXの実質月額料金は、だいたい3,000〜5,000円くらい。この金額で無制限でデータを使用できます。

実質月額料金というのは、キャンペーンやキャッシュバックなどをすべて差し引いた金額です。

高見沢

結局どのWiMAXが1番おトクなのかを調べるのは、結構手間がかかるんダヨネ。

一方ネクストモバイルやワイモバイルは販売代理ではないので、料金はひとつです。

ネクストモバイルの月額料金をみてみましょう。

データ量 月額料金
20GB 2,760円
30GB 3,490円
50GB 3,490円(1〜12ヶ月)、4,880円(13〜24ヶ月)

このようにデータ無制限ではありませんが大容量なので、人によってはデータ無制限と変わらない使い方もできます。

ケンジ

30GBだったら、WiMAXとほぼ同じ月額料金ですね!

高見沢

そう、それにネクストモバイルはLTE回線だから、全国どこでもほぼつながるのがメリットダヨ。

今までモバイルWiFiルーターを選ぶときは、エリアやデータ量など色々と検討しなければいけないことがありました。

高見沢

ボクは月に80GBくらい使うから、ネクストモバイルだとデータ量が足りないんダヨネ。

かといってデータ無制限のWiMAXだと、エリアが狭く満足できないという悩みがありました。

しかし「どんなときもWiFi」が登場したことでこの悩みは完全になくなってしまったんです。

高見沢

データは完全無制限でエリアの広さは日本一だから言うことなし★

LTE回線かつデータ無制限なので、スマホのデータは最小のプランを選ぶことができ、節約が可能になります。

格安シムの1番安い通話プランと「どんなときもWiFi」を組み合わせれば月の支払いは5,000円程度です。

あい

わたしはスマホだけで5,000円以上払っています。しかもデータは5GBだけ…。

高見沢

それは高いネ〜。

さらに、電話番号が要らない場合や無料で電話番号を取得する場合はスマホのプランさえ必要ありません。

高見沢

「どんなときもWiFi」の月額料金の3,480円だけでOK★

「なんとなく」という理由で三大キャリアのスマホを使い続けるのは、非常にもったいないです。

高見沢

モバイルWiFiルーターを契約したら、スマホは格安SIM系で十分ダヨ。

回線速度

モバイルWiFiルーターを選ぶとき、回線速度がどのくらいなのか気になりますよね。

高見沢

正直言うと回線速度はどこもそんなに変わらないヨ。

エリアによって差はありますが、だいたい下記のような状況です。

  • WiMAX……15〜80Mbps
  • ネクストモバイル……30〜60Mbps
  • どんなときもWiFi……30〜60Mbps

ケンジ

え?でもWiMAXの最高速度はギガ超えですよね?

高見沢

理論上の最高速度はギガ超えだけど、実際はそこまでのスピードが出ることはほぼなく、全体的にもかなりバラつきがあるんダヨ。

むしろネクストモバイルや「どんなときもWiFi」はLTE回線を使用しているので、WiMAXより安定しているのです。

ただ10Mbpsもあれば十分高速で、日常生活では何をするにも不便はありません

オンラインゲームをする人は厳しいかもしれませんが、そもそもモバイルWiFiがすべてアウトと言えます。

高見沢

オンラインゲームをする人は、光回線を自宅に引くのがベストダヨ★

サポート

サポート体制は会社によってさまざまですが、モバイルWiFiルーターの場合はそこまで気にする必要はありません。

高見沢

モバイルWiFiはスマホみたいに使い方やプランが複雑じゃないからネ。

ケンジ

スマホやパソコンをネットにつなぐだけだからシンプルですね。

スマホには色々な機能があって混乱することもあるかもしれません。

しかしモバイルWiFiはつなぎかたさえ分かれば、後は何も迷うポイントがないのです。

あい

じゃあ、サポートもあまり必要ないかもしれませんね。

高見沢

そうだね、でも機械に弱い人でサポートが必要な人もいるかもしれないから説明しておくネ。

WiMAXのプロバイダは大手から小さな会社までありますが、規模が小さな会社ではサポートがあまり充実していないことが多いです。

中には電話でのサポートがなく、電話番号を記載していないところもあります。

電話を含む充実したサポートを受けたい場合は、やはり大手のプロバイダを選ぶのが良いです。

高見沢

電話オペレーターを常に待機させておくのは費用がかかるから、規模が小さなプロバイダでは維持が難しいヨネ。

その点、ボクのおすすめ第2位のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)は大手なのでサポートがしっかりしています。

時間によっては電話がつながりにくいこともありますが、平日の昼間にかければだいたいつながる印象です。

運営会社の規模

モバイルWiFiは年単位で契約するものなので、どういう会社が運営しているのかも気になるところです。

高見沢

実はおすすめのモバイルWiFi3つは、すべて同じ会社が経営しているんダヨ。

福井県にある大企業で、ネット業界や福井県内ではかなり有名な会社です。

ところで、ボクはWiMAXを選ぶときにはずせない条件があります。

それは、「auスマートバリューmine」の対象であるかです。

高見沢

「auスマートバリューmine」の対象になっているプロバイダは、大手が多いネ。

ネクストモバイルは「auスマートバリューmine」が適用されないという理由もあって第3位になっています。

実質月額料金は1番安いですが、「auスマートバリューmine」の適用がないのでおトク感は低くなるというわけです。

高見沢

「auスマートバリューmine」については次で解説するヨ★

スマホの割引

「auスマートバリューmine」は WiMAXだけの割引制度です。

ただし、WiMAXの月額料金が値引きされるのではなく、auスマホの月額料金が値引きされます。

そのため、auスマホを使用しているということが適用の基本的な条件になります。

あい

WiMAXだったらどれでも適用されるんですか?

高見沢

それがすべてではないから注意が必要。最大で毎月1,000円割引されるからauスマホ使用者は見逃せないポイントダヨ。

auスマホ以外では、UQモバイルに「ギガMAX月割」という割引があります。

また、ソフトバンクスマホはソフトバンクのポケットWiFiを契約することで月々1,008円の割引が適用されます。

docomoは残念ながら今のところは何もキャンペーンが行われていません。

ソフトバンクの月々1,008円の割引は大きく感じますが、そもそもソフトバンクのポケットWiFiがおすすめできません。

高見沢

データ量が少なくて料金も高いんダヨネ。

やはりベストな組み合わせは、格安スマホとモバイルWiFiルーターの組み合わせです。

その中でもボクが1番おすすめするのは、

「UQモバイル」と「どんなときもWiFi」の組み合わせです。

BroadWiMAX公式サイト

https://wimax-broad.jp/

結論:モバイルWiFiルーターは「どんなときもWiFi」一択

この記事では、ボクがおすすめするモバイルWiFiルーター3つをランキング形式で紹介しました。

ランキングまでしましたが…

結論は「どんなときもWiFi」一択!!

です。

  • 日本一エリアが広い
  • 価格が安い
  • データ完全無制限

という夢のような条件がそろっている上に、運営企業も大企業なので安心して契約ができます。

今まさにモバイルWiFiルーターを契約しようと思っている人へは、少しの迷いもなく「どんなときもWiFi」をおすすめします。

高見沢

「どんなときもWiFi」以外を選ぶ理由は全くないネ〜★

契約満了時期が近づいている人も、下記の公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

どんなときもWiFi公式ページ

https://donnatokimo-wifi.jp