「どんなときもWiFi」はLTE回線が本当に無制限で使えるのか徹底調査してみた

こんにちは〜★ネット回線にどっぷりはまっている「たかみー」こと高見沢です。

気になるモバイルルーターが出るたびに契約していたら、

  • 固定回線……4回線
  • モバイルルーター……5回線

の合計9回線も契約していました。

その中でもモバイルルーターは完全に満足するものに出会えず、「モバイルルーター難民」になっていたんです。

しかし、とうとう「完全で最強の」モバイルルーターに出会いました。

それは、

「どんなときもWiFi」

です。

あまりにも完璧なので、これ以上モバイルルーターを契約することはないと思います。

高見沢

むしろ今契約している他のモバイルルーターを、全部解約しようと思っているヨ。

今までは

  • エリアが広いルーターは、データ使用量に制限がある
  • 無制限で使えるルーターは、エリアが狭い

というように、メリットとデメリットがありました。

しかし「どんなときもWiFi」はエリアが広くかつデータも完全無制限で使用できます。

ケンジ

メリットだけを集めたようなルーターですね!

最近ではネット上で広告動画も頻繁に見かけるようになり、認知度も上がってきています。

「どんなときもWiFi」が最強すぎるので、WiMAXマニアだったボクもWiMAXをおすすめすることはできなくなってしまいました。

高見沢

ネクストモバイルも気に入って使っていたけど、「どんなときもWiFi」にはかなわないネ。

「どんなときもWiFi」は、料金が安いのに性能が良くて「最高にコスパが良いルーター」です。

現時点で間違いなく最強のモバイルルーターなので、「どんなときもWiFi」以外のルーターを契約する意味が全くありません。

あい

ところで、「どんなときもWiFi」が「完全に」無制限ってどういう意味ですか?

高見沢

速度制限も含めてどんな制限もないので、「完全に」無制限でデータを使用できるんダヨ。

一般的には「無制限」といっても、「3日で10GB」などの速度制限があるので、完全に無制限ではないのです。

あまりにも条件が良いので、本当なのか疑ってしまうかもしれませんが、間違いなく本当です。

高見沢

実際に使用しているけど、制限がかけられたことは一回もないヨ。

この記事では、「どんなときもWiFi」の速度制限について検証結果とともに解説していきます。

どんなときもWiFi公式ページ

https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもWiFiの特徴まとめ

「どんなときもWiFi」を初めて知ったという人のために、まずは特徴を簡単にまとめてみたいと思います。

「どんなときもWiFi」は、

  • 「完全」無制限
  • 速度制限なし
  • 日本全国ほぼどこでもつながる
  • 回線速度は高速で安定感もある
  • 月額料金格安!3,480円
  • 契約期間短め(2年)
  • 海外でもそのまま使用できる

という特徴があります。

現在すでに他のモバイルWiFiルーターを使用している人ならば、これらのすごい特徴が揃っていることに驚いたのではないでしょうか。

ケンジ

速度制限など、今まで不満に思っていたことがすべて解消されています!

「どんなときもWiFi」を全体的にもっと詳しく知りたい人は、下記の記事を読んでみてくださいね。

もう迷わない!モバイルWiFiルーターはどんなときもWiFi(どんファイ)一択

この記事では、「速度制限」に焦点を絞って詳しく解説していきます。

本当に「完全」無制限なのか検証してみた

「完全」無制限といくら言われても、実際に使用して確かめた検証結果がないと信じられませんよね。

ボクも「完全無制限」のモバイルルーターなんて見たことがなかったので、最初は疑っていました。

そしてその真偽を確かめるためにも、「どんなときもWiFi」を契約したのです。

高見沢

運営会社を訪問して「どんなときもWiFi」の話を聞いた時、その場で即契約したヨ。

契約したのは2019年の4月なのですが、いままでどれだけ使用しても全く制限がかけられたことはなく無制限で使用できています。

1日6GBを連日使うとどうなる?

大量のデータを消費するといえば、「動画の視聴」です。

高見沢

ボクはいつもDAZN(ダゾーン)でスポーツ観戦をするので、データの使用量がすごいヨ。

DAZN(ダゾーン)は、ネットでスポーツコンテンツをライブ配信や試合終了後の配信で視聴できるものです。

高見沢

ほとんどの野球やサッカーの試合を中継しているので、ついつい長時間観ちゃうんダヨネ。

スポーツ観戦好きならばDAZNがイチオシですが、バスケが特に好きな人には「バスケットライブ」の方がおすすめです。

というわけで、週末はネットでスポーツ観戦三昧なのですが、これを「どんなときもWiFi」につないで視聴してみました。

結果は、

なんの問題もなく普通に観ることができた

となりました。

自宅の高速固定回線につないで観たときとくらべても、何の違いもなく快適に視聴できたんです。

1日の消費量は6GBで、これを金曜と土曜の2日間続けてみましたが、速度制限がかかることは一切ありませんでした。

1日6GB使用すると2日合計で12GBなので、WiMAXやY!mobileだと速度制限がかかってしまいます。

高見沢

WiMAXやY!mobileは3日で10GB以上使用すると、翌日の混雑時間帯に速度制限がかかるヨ。

「どんなときもWiFi」は、このような速度制限もなく、完全に無制限でデータを使うことができます。

「どんなときもWiFi」ならスマホ代も節約できる!

「どんなときもWiFi」の月額料金は格安ですが、実はスマホ代などネット代全般も同時に節約することができます。

具体的な節約方法は、

  • スマホのプランを最小にする
  • 自宅の固定回線を解約する

という2つです。

高見沢

ボクも実際に実践している方法ダヨ。

それでは、ひとつずつ詳細を解説していきます。

スマホのプランを最小にする

ひとつめの節約方法は、スマホのデータプランを最小のものに変更することです。

高見沢

「どんなときもWiFi」は完全無制限だから、スマホのデータを使う必要がないヨ。

ボクは格安スマホの1GBプランを契約していて、月額料金は1,980円です。

大手キャリアのスマホを使用している人は、格安スマホに乗り換えることでさらに節約ができます。

ただ最小のデータプランは大手キャリアでも安いので、キャリアはそのままでプランを変えるだけでもかなりの節約になります。

「どんなときもWiFi」は、

  • 三大キャリアのエリアをすべてカバーしている
  • 完全無制限でデータを使用できる

という特徴があるために、スマホのデータは使う必要がなくなるのです。

高見沢

ボクはスマホを常に「どんなときもWiFi」に接続しているヨ。

「どんなときもWiFi」を契約してスマホのデータを最小プランにすることで、月額たった5,460円でネットが使い放題になりました。

料金 データ
格安スマホ 1,980円 1GB
どんなときもWiFi 3,480円 無制限
合計 5,460円 無制限

さらに「どんなときもWiFi」があれば、自宅の固定回線も必要ありません。

自宅の固定回線を解約する

「どんなときもWiFi」はどこにでも持ち運べるので、もちろん自宅でも使用することができます。

完全無制限なので自宅や外出先でもデータの使用量を気にする必要がなく、十分なスピードが出るので動画を快適に観ることができます。

そのため、一人暮らしで自宅でネット回線を使用するのが1人だけであれば、自宅の固定回線は必要なくなるのです。

高見沢

固定回線は月に4,000〜5,000円ほどかかるので、年間で約60,000円節約できるヨ。

これら2つの方法を実践することで、通信費の合計は月に5,000円程度に抑えることができます。

さらに詳しい解説は下記の記事内でチェックすることができますので、時間がある人はどうぞ!

結論。一人暮らしのネット(ワイファイ)は、どんなときもWiFiがベスト!

「どんなときもWiFi」の回線は高速なので、NETFLIXやAmazonプライムビデオなどの高画質動画を観ても問題ありません。

ただ、ひとつだけ適していないものがあります。それは、

オンラインアクションゲーム

です。

スプラトゥーンやフォートナイトなどのアクションゲームを快適に行うには、回線の応答速度が速いことが必須です。

しかし、残念ながら「どんなときもWiFi」は応答速度が遅い(Pingが大きい)のです。

高見沢

オンラインアクションゲームをする人だけは、光回線が必要ダネ。

その他の人は固定回線は必要なく、「どんなときもWiFi」とスマホだけで日常生活で困ることはありません。

ケンジ

無制限のルーターだったら、自宅でも外出先でも動画見放題ですね!

「どんなときもWiFi」の速度制限の例外とは?

「どんなときもWiFi」は完全に無制限でデータ使い放題ですが、一部例外があります。

例外とは、

  • データを短時間で大量に使用した場合
  • 不正利用の疑いがある場合

の2点です。

不正利用というのは、違法ダウンロードを行った場合などダヨ。

違法ダウンロードはそもそも「違法」なので、行ってはいけません。そのため、例外は実質1点ということです。

公式サイトにも下記のような注意書きが掲載されています。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

制限がかかるのは、

著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合

ということですが、表現があいまいなのでカスタマーセンターに問い合わせてみました。

そのやり取りで分かったことをまとめると、

  • 基本的に制限はかからない
  • 大容量通信を行って回線に負荷がかかっていると制限をかけられることもある
  • 大容量通信量を数値で表す目安はない
  • 動画の視聴やゲームを長時間行っても制限はかからない
  • ただし動画やゲーム何時間まで使用可という目安はない
  • 回線に負荷がかかるかは利用者数やタイミングによって変わる

という内容でした。

下の画像は、実際にチャットでカスタマーセンターとやりとりした時のスクリーンショットです。

この回答から、「基本的には制限はない」ということが分かりました。

高見沢

ボクも実際1日6GBを連続で使用しても制限をかけられることがなかったので、ほとんどの人には関係のない話ダネ。

まとめ:「どんなときもWiFi」は本当に無制限でLTEが使用できるルーターだった

この記事では「どんなときもWiFi」の制限について徹底的に調べ、解説しました。

結論は、

「どんなときもWiFi」は本当に無制限で使用できるルーター

でした。

しかも、

  • 料金が格安(3,480円)
  • トリプルキャリアの電波が使用できる
  • 海外でも手続きなしで使用できる

という最強の特徴も兼ね備えています。

高見沢

どこでも使えて、無制限で使用できて、高速だから、スマホ代を含めたネット回線代を大幅に節約できるヨ★

現時点でモバイルWiFiルーターを契約するなら、「どんなときもWiFi」しか選択肢はありません。

なぜなら「どんなときもWiFi」以外のモバイルWiFiルーターは、「弱点」があるからです。

例えば、エリアが狭かったり、3日で10GBの速度制限があったりなどです。

今まで色々なモバイルWiFiルーターを使ってきて、今も5台のルーターを契約しているボクが太鼓判を押します!

高見沢

以前はWiMAXをおすすめしていたけど、今は完全に「どんなときもWiFi」推しダネ。

「どんなときもWiFi」を契約して後悔することはない、と言い切れるくらい自信を持っておすすめします。

気になる人は早速公式サイトをのぞいてみてください。

どんなときもWiFi公式ページ

https://donnatokimo-wifi.jp

ではでは〜★