トリプルキャリアの回線を無制限で使用できる?クラウドSIMの仕組みがすごすぎる

こんにちは〜★ネット回線のことになると熱くなってしまう「たかみー」こと高見沢です。

高見沢

ネット回線について調べるのが好きすぎて、気付けば9回線も契約していました汗

そんなボクが9回線目に選んだルーターは、「どんなときもWiFi」略して「どんファイ」です。

その特徴は、

  • 「完全」無制限で使い放題
  • エリアの広さが日本一
  • 安定した高速回線
  • 高コスパ!月額3,480円
  • 手続きなしで海外利用できる

という、ボクが欲しかった性能がすべて盛り込まれたルーターです。

高見沢

今WiMAXやY!mobileのモバイルルーターを使用している人だったら、この条件が反則級なのがわかるヨネ★

この中でも特に、

  • 「完全」無制限で使い放題
  • エリアの広さが日本一

両方を実現しているのが「すごすぎる」ところなんです。

そして、この夢のような状況を作り出せるのは、「クラウドSIM」のおかげ。

今はまだ珍しい技術ですが、今後はほとんどのモバイルルーターが「クラウドSIM」にシフトしていくのではないでしょうか。

この記事では、「どんなときもWiFi」の「クラウドSIM」について詳しく、そして出来る限り分かりやすく解説していきます。

どんなときもWiFi公式ページ

https://donnatokimo-wifi.jp

三大キャリアの回線が使用できるクラウドSIM

「どんなときもWiFi」が「クラウドSIM」を採用することによって、実現させたことは、

  • トリプルキャリアの回線を使用できること
  • 無制限で完全使い放題(日本国内)であること
  • 海外利用でも手続きは必要ないこと

です。

トリプルキャリアというは、docomo・SoftBank・auのことで、日本の三大キャリアの回線をすべて使用できるということです。

あい

「クラウドSIM」がすごいのは分かりましたが、どんな仕組みなんですか?

高見沢

それは次で説明するヨ〜。

クラウドSIMの仕組みとは?

クラウドSIMの解説を始める前に、まずは一般的なルーターに使用されているSIMカードについて解説します。

一般的なルーターに使用されているのはSIMカード

現在販売されているモバイルルーターやスマホのほとんどは、端末の中に「SIMカード」が入っています。

↓このような小さなカードで、端末から出し入れできます。

高見沢

このSIMカードの中に、ルーターがネット回線と接続するための情報が入っているヨ。

ネット回線に接続するための情報とは、電話番号を特定するための固定のIDなどです。

下記のようなイメージで、直接ネット回線を通じて通信を行います。

ちなみに自宅やオフィスのWiFiを通じて通信を行う場合は、SIMカードは必要ありません。

しかしWiFiを通じてネットを使用すると、スマホであってもWiFiの電波が届く範囲でしか通信ができません。

基本的にdocomo・SoftBank・au・格安スマホ(UQモバイル)などの回線につなぐ場合にはSIMカードが必要になります。

SIMカードには固定のIDが登録されているので、その情報を使用してデータの使用量などを計測しているのです。

高見沢

上限を超えて通信制限がかかる場合も、SIMカードに登録された情報を元に判断しているヨ。

さらに、SIMカードは端末を指定することもできます。

そのため、auで購入したiPhoneにはauのSIMカードしか使用できないように設定してあるのです。

これは、docomoやSoftBankの場合も同じで、「SIMロック」がかけられています。

日本ではこのようにSIMを自由に選べない(SIMロックをかけられている)端末がほとんどです。

ただし日本で購入した端末でも「SIMロック」を解除すると、どのSIMカードでも使用できるようになります。

高見沢

海外のスマホはもともとSIMロックがかかっていないものが多いヨ。

少し話がずれましたが、とにかくほとんどの端末はこのSIMカードから情報を得ることで、通信を行なっているということです。

クラウドSIMを使う通信の仕組みは?

現在でもほとんどの端末はSIMカードを実際に端末にセットして通信を行なっています。

しかし、「クラウドSIM」を採用した「どんなときもWiFi」の端末の中にSIMカードは入っていません

高見沢

端末の中ではなく、サーバーにSIMカードが挿してあるヨ。

ちょっと分かりにくいので、イメージ図を作ってみました。

「クラウドSIM」は端末の現在の位置情報をサーバーに送ることで、その場所に最適なSIM情報をサーバーから得ることができます。

そのため、サーバーには複数のSIMカードが用意されているのです。

今までのSIMカードを端末に入れて使用する方法は、ユーザーがキャリア(回線)と直接契約を行います。

しかし「どんなときもWiFi」の場合は、キャリア(回線)との契約はどんなときもWiFiが行うため、複数回線を使用できるのです。

ざっくりまとめると、

ユーザーが個別にキャリアと契約することなく、docomo・SoftBank・auのすべての回線を使用できる

という画期的な仕組みということです。

「どんなときもWiFi」を毎日使用していて気づいたのですが、基本的にはSoftBank回線が優先で接続されているようです。

高見沢

SoftBank回線は、docomoやauより使用料が安いからだろうネ〜。

SoftBankがつながらない場所では、docomoやauに接続するという流れだと思います。

しかし、生活圏内でSoftBankがつながらない場所がそもそもあまりないので、基本的には常にSoftBankにつながるということですね。

高見沢

万が一SoftBankがつながらない場所に行った時に、auやdocomoの回線を使えるのは心強いネ。

さらに、「クラウドSIM」は日本国内だけでなく、海外でも使用することができます。

手続きなしで海外利用できる

「クラウドSIM」は端末の場所によって最適なSIMを自動選択しますが、これは国内だけにとどまりません。

海外でも同じように最適なSIMを自動選択してくれます。

高見沢

しかも、海外で使用するための手続きは一切必要ないヨ。

いつも通り端末を持っていって現地で電源を入れるだけです!つまり、国内での使用とまったく変わりません。

飛行機から降りて電源を入れるだけで、すぐにネットを使い始められるので簡単でとても便利です。

高見沢

レンタルルーターは国ごとに専用の端末が必要な場合があって、無駄な荷物が増えるのが嫌ダヨネ。

「どんなときもWiFi」であれば、1台で複数国使用が可能です。

しかも、国が変わっても自動でまたSIMを選択してくれるので、スムーズに旅行を続けることができます。

ケンジ

便利なのは分かりましたが、料金が高いんじゃないですか?

高見沢

そんなことはなくて、料金も良心的ダヨ。

以下が料金と1日に使用することができるデータ上限です。

地域 料金 データ量
アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 1,280円 1日1GBまで
中東・南米・アフリカ 1,880円 1日1GBまで

「どんなときもWiFi」の国内での月額料金(3,480円)とくらべると高く感じるかもしれません。

しかし、ほかの有名海外向けレンタルルーターとくらべても、全く高くないのです。

他の海外向けレンタルルーターとの比較

「どんなときもWiFi」と人気の海外向けレンタルルーターの料金を、人気の渡航先で比較してみました。

渡航先 ギガ I社のWiFi どんなときもWiFi
韓国 1GB 1,580円 1,280円
中国 1GB 1,580円 1,280円
台湾 1GB 1,580円 1,280円
アメリカ本土 1GB 1,880円 1,280円
タイ 1GB 1,580円 1,280円
ハワイ 1GB 1,880円 1,280円
香港 1GB 1,580円 1,280円
オーストラリア 1GB 1,880円 1,280円

このように、人気の渡航先では「どんなときもWiFi」の方が断然安いのです。

さらに107カ国に対応していて、どこに行くにも1台の端末でネットに接続することができます。

「どんなときもWiFi」が使える国一覧

「どんなときもWiFi」を海外で使用する場合、料金は1日定額で、渡航先の国によって料金は2種類に分かれています。

まずは、1日定額1,280円の対象国一覧です。

対象地域 対象国
アジア・オセアニア26地域 韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
ヨーロッパ41地域 オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島北米2地域 アメリカ・カナダ

次に、1日定額1,880円の対象国一覧です。

対象地域 対象国
中東7地域 UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン
中米・南米17地域 コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ
アフリカ13地域 南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

これだけの国がカバーされていれば、渡航予定の国が対象国一覧にないという人は、ほぼいないのではないでしょうか。

複数の国を移動しても、すぐにネット回線に自動接続してくれ、料金も定額なので便利で不安もないですね。

海外利用についての詳しい解説は、下記の記事で見ることができます!

最強すぎるモバイルルーター!どんなときもWiFiは手続きなしで海外利用できる

まとめ:どんなときもWiFiが最強ルーターである理由はクラウドSIMだった

この記事では、「どんなときもWiFi」が採用している「クラウドSIM」の仕組みについてなるべく分かりやすく解説しました。

内容をおさらいすると、

  • 国内でトリプルキャリアの回線を無制限で使用できる
  • その時その場所で最適なSIMを自動選択してくれる
  • 海外利用でも手続きが必要なく、端末も同じもので良い

となります。

これらのすごい特徴はすべて「クラウドSIM」だからできることなんです。

ボクは海外に行くことがほぼないので日本で使いまくっていますが、一度も速度制限がかかったことはありません。

高見沢

快適すぎて「どんなときもWiFi」以外のルーターはもう使えないネ。

海外に行くことがあったら、もちろん「どんなときもWiFi」を持って行こうと思っています。

最近「クラウドSIM」を採用したルーターは、少しづつ増えてきています。

しかし、料金・回線速度・運営体制のどれもが「どんなときもWiFi」の方が断然優れているので迷う余地がないのです。

運営企業は通信業界では知らない人がいないほど有名な「株式会社オールコネクト」系列。

コスパや顧客サポートの良さで定評がある会社なんです。

「クラウドSIM」は三大キャリアの回線がすべて使えるという、多くの人が夢見ていた状況を叶えました。

一度使えば、きっと他のモバイルWiFiルーターには戻れなくなりますよ!

「どんなときもWiFi」のすべての特徴について、詳しく解説している記事はこちらです。

もう迷わない!モバイルWiFiルーターはどんなときもWiFi(どんファイ)一択

ではでは〜★