どんなときもWiFiが通信障害でつながらなくなった理由を推測する

どんなときもWiFiが通信障害ですね。日曜の夜、急遽ではありますがこの理由を推測してみます。

高見沢

正直、ここまでイチオシしてきてとっても残念ダヨ…

おそらく今回の通信障害の理由は、

  • そもそもビジネスモデル的には割とギリの線
  • 実質使える回線はソフトバンクだけ
  • 新型コロナウイルスによる在宅ワークと学校休校

といったところではないかと思われます。

実はこのような状況って光回線でも結構起きてて、僕が以前契約していた「Toppa!(トッパ!)」や、So-netでも、ここまでひどくはなかったものの、結構厳しい状況になりました。

高見沢

光回線なのに金曜夜は50kbpsしか出てなかったヨ…

結局の所、通信回線というのは光ケーブルにしろ電波にしろ国が管理していて、それをドコモやソフトバンク、au等の事業者が割り当てられて運用しています。

その事業者が持っている回線の「太さ」を超える通信が起これば混雑して全体が遅くなります。

高見沢

渋滞と一緒だネ〜。1車線の道路と4車線の道路では交通量に大きな差が出るヨ

深夜であれば交通量が減り、朝や夕方になると渋滞が発生するのも似ています。これを解消するためには、車線を増やすか、高速道路を通して速度を上げるなどの対策が必要です。

ネット回線に置き換えてみると、車線を増やす=回線を太くするのは難しいので、速度を上げて対応することになりますね。

電波であれば、以前の3Gから4G、そして5Gへ。

固定回線であればISDNからADSL、そして光回線へと進化してきました。

モバイル回線の大躍進

そしてスマートフォンの圧倒的普及により、需要に応える形でモバイル回線が躍進します。

4Gが普及し、アンテナが全国津々浦々にまで張り巡らされ、いまや都市部であれば地下鉄に乗っていても通信ができる状態が普通です。

こうして、特に若い一人暮らし世代などは工事が必要な光回線を契約せず、スマホのデータプランのみで利用する人がどんどん増えています。

そしてそれに対応するため、au・ドコモ・ソフトバンクは60GB等の大容量プランを提供する状況となりました。

多くの人がネット接続をスマホのデータプランで行うようになり、さらにYoutubeやネットフリックスなどの動画視聴がネットコンテンツ消費の主流となったいま、データ通信量は爆発的に増加しているのです。

高見沢

でも、その大容量プランは決して無制限では使えないんだよネ…

そこで、無制限に使えるモバイルルーターが登場したのです。

ビジネスモデル的にはかなり厳しい無制限モバイルルーター

以前から無制限モバイルルーターは存在していました。

ただその多くは非常に低速で、データを大量に利用したくてもできないものが多く、正直使い物になりませんでした。

そんななか、いわゆる「民泊WiFi」と言われるモバイルルーターの中には、比較的低料金なのに高速で、なおかつ無制限をアピールしているものがいくつかあったんですね。

  • サクラWiFi
  • スターWiFi
  • FUJI WiFiの無制限プラン

などがあったと記憶しています。

高見沢

実際ボクもFUJI WiFiの無制限プランは契約して利用してたヨ★

でもそれらの回線って、どういうわけかすべて「ソフトバンク回線」を利用していたんですね。

ちなみに大容量データプランが売りで、先日まで無制限プランがあったネクストモバイルも、ソフトバンク回線。

要するに、高速かつ大容量、無制限で使えるとアピールしているWiFiルーターすべてが、ソフトバンク回線だったんです。

あい

そうなんだ…

ケンジ

じゃあどんなときもWiFiも…?

高見沢

どんなときもWiFiを始めとする最近の無制限WiFiはちょっと違うんだけど、説明するネ★

最近続々と登場している「無制限WiFi」の仕組み

最近、どんなときもWiFiをはじめとした「無制限WiFi」が続々と登場しています。

ボクが把握しているだけでも、

  • MUGEN WiFi
  • 縛りなしWiFi
  • 限界突破WiFi
  • よくばりWiFi
  • めっちゃWiFi
  • THE WIFI(ザ・ワイファイ)

などなど、もう冗談なの?ってくらいに似たような名前のワイファイルーターが、ここ1年の間にいくつも登場しています。

そしてこれ、ぜーーーーんぶ同じ仕組みで動いているんです。

各社のページを見るとわかるんですけど、すべて端末が同じなんですよ。

それは「uCloudlink(ユークラウドリンク)」の端末です。

uCloudlink-u2s

要するに、全部このuCloudlink社の仕組みを使ってドコモ、au、ソフトバンクの回線につないでいたということなんですね。

そしてau、ドコモは明確に提供する回線を遅いものにしていたと思われますが、ソフトバンクだけはこういったWiFiルーターに提供する回線も、それほど遅くしていなかったと思われるのです。

高見沢

これは関係者から聞いたのでおそらく真実だヨ★

しかし逆にいえば、これらの「無制限WiFi」は、そのほとんどの通信をソフトバンクの回線で行っていたということです。

高見沢

実際、ボクのどんなときもWiFiも、ソフトバンク以外につながってるのを見たことが無いヨ★

正直、ソフトバンク回線でも全国ほぼどこでも使えるし、以前は20〜50Mbps程度の速度が出ていたいので、まったく不都合はありませんでした。

しかしこのソフトバンク依存のビジネスモデルが、今回の通信障害を引き起こしていると言っても過言ではないでしょう。

ソフトバンク回線への依存が、通信障害の間接的な原因ではないか

ボクはどんなときもWiFiの運営会社の社員の方とも仲良くさせてもらっていて、どんなときもWiFiが発売される時ものすごく驚いたんですね。

それまで無制限のポケットWiFiルーターといえばほぼWiMAXだけで、もし他にあったとしても運営会社が微妙だったり、速度がめちゃくちゃ遅くて使い物にならないものだったり。

WiMAXの回線は3日10GBの制限、地下や郊外、大きなビルの中に弱いという弱点がありました。

それを大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線が使い放題なんて、まさに夢のようなWi-Fiルーターの登場でした。

しかし蓋を開けてみれば、ボクが確認している限りでは常にソフトバンクでの接続でした。もちろんそれでも品質には全く問題がなかったので、このサイトでもイチオシしてきたのです。

ただ、どんなときもWiFiのあとにも先程挙げた「無制限WiFi」が雨後の筍のようにどんどん出てきて、真っ先に思ったのは「そこ、契約で“握って”無かったのか…」ということ。あと、「このuCloudlink社、えげつないわー」ってことです。

あい

たしかに…

これだけ後からどんどん似たようなサービスが発売されれば、差別化は絶対に無理。それでも契約をたくさん取ろうとしたら、圧倒的な広告投下での知名度アップと、価格競争だけです。uCloudlink社もそれをわかった上で他社と提携を続けた、ということです。

高見沢

消耗戦が目に見えてたワケだネ…

しかし取り扱い社数が増えても、auとドコモの回線も選べるといいながら、実際には接続されません。こうなると当然、速度を維持した状態で回線を提供してくれるソフトバンク回線への依存がどんどん高まります。

何ごとも一社に依存する状態は極めて不健全。ソフトバンクの意向次第では、回線速度の低下だってあり得る状態になってしまっていたのですね。

そして、ついにそれは現実のものとなりました。

在宅ワークと小中高の休校で通信量が激増したのではないか

ソフトバンク回線に依存した状態で運営されていた各社の無制限WiFi。それなりに高速通信を楽しめていたのですが、それを破綻する出来事が起こります。

新型コロナウイルスの流行です。

この新型コロナウイルスの流行により、企業では在宅ワークを推奨しています。また、全国の小中高が一斉に休校となりました。

これにより何が起きたかと言うと、ネット回線の通信量の激増ですよね。

高見沢

ボクの会社でも全員在宅ワークだヨ…

ケンジ

ウチの会社もです!そして休憩時間はネットフリックスとか見てます!

あい

わたしも…。あ、そうか。こどもたちが家にいると当然…

高見沢

そう。ネットフリックスやアマゾンプライム、Youtubeが大活躍ダヨ★

ただでさえ在宅ワークが増えて自宅からの通信が増えていますよね。そして家庭に小中高生がいたら、動画とかめちゃくちゃ見ます。

高見沢

ウチの子どもたちも、勉強時間以外はずーーーーっとネットフリックスでアニメ観てるヨ…

この通信量の増加は、当然「無制限WiFi」も例外ではないでしょう。

どんなときもWiFiからの説明では「一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップ」とありますが、一部キャリアとはおそらくソフトバンクであることが予想されます。

ソフトバンクとしては自社の顧客(ソフトバンクユーザー)の通信を守るのが第一でしょうし、どんなときもWiFiなどの「無制限WiFi」陣営も、正直できることはほとんど無いでしょう。あるとしたら月額料金の返済可、違約金なしでの契約解除くらいだと思われます。

ただし莫大な量の契約を抱えているはずですから、それは難しい判断になるでしょう。すべてに真摯に対応したら、下手したら会社の経営が揺らぐ可能性だってあります。

おそらく「無制限WiFi」の運営陣は、uCloudlink社への損害賠償請求を考えていると思いますが、契約書で上手に免責されている可能性もありますし、個人的にも非常に興味深く見守っている状態です。

まとめ

このようにどんなときもWiFiの通信障害は、

  • uCloudlink社との契約が独占的でなかった
  • 通信がほぼソフトバンク回線だった
  • コロナウイルスによる在宅ワークと休校で通信量が激増した

という3つの条件が重なって噴出したものと思われます。

どんなときもWiFiは「4月上旬には解消される見込み」とのリリースを出していますが、個人的にはかなり難しいんじゃないかなーと考えています。

あい

そうなんですね…

ケンジ

えー、契約してるひと、どうしたらいいんですかね…

高見沢

ボクも困ってるんだけど、とりあえずWiMAXを使って、どんなときもWiFiは【回線休止申請フォーム】から一旦ストップさせようと思ってるヨ…

一応、WiMAXの公式サイトを紹介しておきますね。

BroadWiMAX公式サイト

https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

WiMAXはいくつかの災害を乗り越えてきているし、回線の運営自体はauの系列企業である「UQ」が行っているので、かなり安心できます。

完全な無制限のポケットWiFiルーターは、5Gが全国に普及するまで難しいかもしれませんね。

高見沢

まあそれも色んな課題があるから、数年は無理かな…とりあえずどんなときもWiFiの復旧を待ってみることにするヨ★

またこのサイトで状況を報告しますね。